プール構築後の最初の難関、迷惑メール対策

プール構築はメール運用との戦いからはじまる

無事マイニングプールが出来た!運用始めるぞ!となったときに、最初に気になるのがメール。php-mposでは初期設定では大量のメールを送ることになります。登録、idle-worker、payment、パスワード再発行等など…

START-TLS,DKIM完備!でも迷惑メールになる

暗号化対策完璧!SPFやDKIM,DMarcもしっかり設定、評価サイトでも満点!これで大丈夫!と思っても、1ヶ月も立たない内に迷惑メールになります。英語の文言が良くないのか、大量に送るのが良くないのか、自前でサーバ立てても暫く経つとgmailから弾かれる。

自前でのメールサーバは無理なのか?他社メールにしたらどうなるか

17年11月ぐらいにこの問題で結構ハマりました。もう金払ってもいいや、ということでconohaのメールサーバ安いよねってことで契約したら速攻でエラーメール連発。調べたら、ブラックリストに入ってるIPを渡されたことが判明。なんじゃそりゃ。こりゃ使えん。調べてみたら他社メールサーバでも似たような事例があるみたい。自社でも他社でも駄目…どうすればいいんだ…

Gmailに弾かれるのが問題なので、いっそのことGmailから送るようにする。

行き着いた先がGmailを送信サーバとして利用する方法。これでバッチリ迷惑メールがなくなった。但し、送信制限があるため、Notificationや登録確認メールなどは全てオフに。この設定に変えてから数ヶ月間、特に問題なく過ごせてます。

結論

メールサーバ構築で悩むならGmailを使う。