仮想通貨の先駆者がたどり着く終着駅、CRYPTOPIAとはーその2(入金)

4月 4, 2018

ここではCRYPTOPIAに突入した猛者達の最初の手順となる、入金について解説します。

■注意!!CRYPTOPIAに入金する前に!!
まず、自分の欲しい通貨がbtc建てlitecoin建て,doge建て、どれで扱われているかを確認しましょう。
(2018/04/04追記:bitzenyは草コインの中では比較的単価が高く、btc建てが主流ですので、そのままBTCで入金しても問題ありません。)

前のページでも書きましたが、CRYPTOPIAでは1satoshiにも満たないコインが一杯ある為、基軸通貨はDogeかLiteです。CRYPTOPIAでもBTC/LTCやBTC/DOGEの取引は扱っていますが、出来高がPoloniexやBittrexに比べると少ない=板がスカスカ=不利な金額で約定しがちになります。つまり、BTCで入金すると損します。(私は損しました…)

先にPoloniexやBittrexでDogeかLTCに交換してからCRYPTOPIAに入金しましょう。

※ちなみに出金制限はLevel1で5,000NZD/day、Level2はpoloと同じ認証手順で認証されれば50,000NZD/dayです。(2017/06/18現在だと5,000NZD=40万円/dayの計算) poloniexよりは緩めです。

2017/06/19:某掲示板でCCでLTC買えばいい?と書き込みあったので追記:日本円でLTCを買う場合、Coincheckなど、販売所で買うのは避けましょう。めちゃくちゃ損します。いきなり3%ぐらい減ります。よくわからなければ、まだビットコインを取引所で購入して、CRYPTOPIAで少額づつ指値でLTCに変えるほうがマシです。それぐらい販売所でコインを買うのは損です。(2017/06/19 19:30時点でのCRYPTOPIAでのBTC/LTC売り買いの差額は0.2~0.4% CoinCheckでのLTC/JPY売買の差額は5%でした。)

 

■早速入金してみる。
ログイン後、上のバーで色々操作します。赤枠で囲っているところ。

画面右上のBって書いている所をポイントして、「Deposit」を選びます。

何で入金するかを選択します。Poloみたいに一覧で出せる量じゃないので、検索が基本です。LTCとかDOGEとか入れると出てくるので選択して「NEXT」を押します。

入金先のアドレスが表示されます。この画像は私への入金先アドレスになるので各自アドレスのQRコードかその下のアドレスをコピーしてください。

polo等から入金の指示を出したら「Done」を押します。

トップ画面に戻るので、walletを選んで表示を確認してみます。

自分の残高を見るにあたり、チェックすべき場所が何点かあります。
・右上のHide zero balanceのチェックを入れる(通貨多すぎて探せない)
・自分の通貨の「i」のマークをポイントし、unconfirmedの値を確認する。これが増えていたら、承認待ちなので暫くまってavaiableの値に加算されるのを待つ。(poloからBTC送ったときは15分ぐらいでunconfirmedに、30分でavaiableに追加されました。)

ここまでできれば入金は完了。お疲れ様でした。